High on Life

NO BIKE NO LIFE

6/14 Friday |

二度寝の誘惑を1分間かけて取り払い、4時26分起床。出張疲れで腰も痛いが何とか起きた。しかしあまり気乗りがしない。そういう時はやらない方がいいとはよく言うが、どうするか。ゆっくり風呂に浸かって汗を流すのもよし。

やっぱり回しとこう。

やっぱりやらなければよかった><

腰痛酷くなったし首の付け根も痛くなってきた(泣)

休むことの大切さ実感。

 

30m56s NP162w 156/371w 123/141bpm 84/101rpm TSS25 CTL53

6/11 Tuesday | 外朝練は爽快

4時21分起床。起床というかなんと言うか・・・。昨晩は22時前に寝たのだが、浅い眠りの中で不可解な夢から覚めた後、二度と眠れず。眠いのに眠れないのは体力消耗の証か。寝返り打ちまくり、トイレには3回。前頭葉が重たいが、6時間横になっていたことで体はまぁマシ。今日は絶対外に朝練に行くと決めていたので、軽いプレッシャーが掛かっていたかもしれない。とにかく心身共に弱い><。

ともあれ、起きたので外朝練に向けてルーティーンをこなしていく。朝食移行期というか、これからは外練でもしっかりパワーを掛けていきたいので、ご飯を食べようと・・・、あれ?無い><。昨晩息子が全部食べたようだ。仕方なくバナナを1本食べて、MCTオイルを小さじ2杯から1杯に減らす。首肩体操も体幹トレもやって5時半前に出発できた。

小学校前の坂を登りながらどのコースにするか考える。そして中学校前の坂を下りながら、東畑、打田、天王方面へ決定。デブながら、パワーを掛けてしっかり登り、後ろを確認して体を低くしてしっかり降る。タイヤの空気圧は一昨日に入れた状態で全く問題無し。ブチルはそこが良いところだが、出がけの面倒を差し引いてもやっぱりラテックスで走りたい。路面の悪い道路ではその差は大きいのだ。全体にのろのろだが、数値的にはいい感じで走れたと思うことにする。

 

1h30m04s 38.28km NP205w 188/453w 132/167bpm 71/109rpm TSS114 CTL56

同じ90分間でも、外練とZWIFTとでは疲労の種類が全く違う。回しっ放しのZWIFTは決して無駄とは思わないし、筋持久力の維持にはとても効果的だと思うが、上ったり下ったりでメリハリをつけた追い込み方ができる外練は、精神的に満足感が得られるし、TSSも高い数値が出る。そして何より風を切って走るのが爽快。洗濯物がぐっしょりびしょ濡れのZWIFT、帰る頃にはすっかりジャージが乾いている外練、この差は大きいな。


   

6/10 Monday |

4時25分起床。昨日早く寝たにも関わらず、夢を見ながらの断続的睡眠で疲れあまり取れず。外朝練に備えて強制覚醒を5分早め、昨晩AEOLUS RSL 51 に空気を入れておいたのだが、夜中まで降った雨で外はウェットなまま。諦めてZWIFT。ブチルチューブの唯一の利点は、夜空気を入れておいても朝までに減らないことだな。

 

30m24s NP188w 182/361w 135/156bpm 89/100rpm TSS32 CTL54

 

6/9 Sunday | 大変お疲れ

7時10分起床。また今週も日曜に雨。昨日外練できなかったからこの雨は痛い。仕方ないので2時間くらいはZWIFTで回しておかないと。

首肩体操、レッグレイズ3種、背筋1種やって、ZWIFTはCocoさんでFlat Routeから入る。金曜の出張に続き、土曜日は綾部往復運転手で足腰に疲労が蓄積。上半身と下半身が噛み合わずギクシャクして回しにくい。綾部往復200キロちょっとでこの疲れだと、片道280キロのツールドのとへの道のりは気が遠くなる。走れるかな><。

左足のクリートからキュウキュウと嫌な音が出るので、一旦降りてクリートにラスペネを注油の後Cocoさんに再遷移。35分経過して飽きて来たのでSugar CookieのYumiさんへ遷移。ちょうどEpic KOM Bypass to Intersectionの最後の橋上だったのでラッキー。これを我慢すればしばらくはクルージングできる。崖の道で集団化した中にYUASAさんが居たので先頭付近でしばらく頑張る。

1時間10分辺りでYUASAさん離脱で、こっちはどうしようかと考え、Epic KOM Bypass to Intersectionでの5分地獄を避けてVolcano FlatのJacquesさんへ遷移。相変わらず脚の回転がギクシャクして無駄に疲れるが、ワークアウト中のKKBさんを抜いた辺りから少し調子を取り戻す。何とか100分までJacquesさんを30分我慢して終了。2時間には届かなかったが、体のバランスが崩れているので、それこそ無駄に疲れを溜める恐れ有りと断じて勇気ある撤退。

 

1h42m52s NP185w 180/367w 136/154bpm 87/98rpm TSS106 CTL55

 

 

最近はオクで入手したこのジャージでZWIFTには気合を入れておる。

作りがレーシングラインではないので、外走りには向かない感じ。元々第3世代EMONDA購入者向けのプレゼントジャージだったので、ストレッチ素材でもないし作りは平凡。でも色合いといいロゴといいデザインのセンスはなかなか良い。

 

6/8 Saturday |

本日は親戚の神事で綾部まで運転手のお仕事。朝の時間には余裕があるので、外練しようと心の準備だけしておいたけど、起きれず。昨晩頸椎症の薬を飲んだ時間が遅く、4時過ぎに目が覚めたが、眠気が強くて起きれず。

 

Mariaさんでクルクル回して、とりあえず汗出しておこうと言う作戦。YUMEZI城登りは少々気合を入れて、5分/235wで登っておく。平原で暇になったので最後にCoco さんに遷移したら同じ平原の少し先に出たので、NEOKYOに入って3倍キープで少し逃げ気味に走っておく。

 

47m32s NP180w 172/350w 131/162bpm 86/97rpm TSS46 CTL53

 

昨日は広島の山奥へ日帰り出張で疲れた。今日も運転手は辛いが、薬の作用がまだ残っているのが余計だ。

6/7 Friday |

4時25分の強制覚醒に反応できず、5時15分起床。昨日量はさほどでもないが、混ぜてしまったのが災い、軽い頭痛になってしまった。本日出張で朝時間に余裕があるため、外練に行きたかったが仕方なく。

 

CocoさんでMakuri 40。大人しく集団走行していればクルクル回して疲れを残さない練習にできるのに、すぐにURUKAZIに入ったのでそうも行かず><。上りをSFR気味に淡々と行けば、自然と独り旅に。YUMEZI城上りを終えて集団に1分30秒差。下りで心拍125まで回復させて45分で終了。Makuri 40の最も厳しいパートに当たってしまって、追い込んでしまった。

 

46m25s NP193w 186/347w 138/154bpm 85/99rpm TSS52 CTL54

 

6/4 Tuesday | recovery

4時27分起床。4時に起きたが流石に勿体無いとゴロゴロしていたら、起床時には二度寝のだるさ到来。起きれるなら起きた方がいいと言うこと。

起きれたがあまり体は盛り上がらない。脚を回してリカバリーしておくことに。

ワークアウトメニューから33踏んで終わるのを選んでコースイン。効果はあると思うが、リカバリーライドはとにかくお尻が痛い。

 

33m24s NP119w 116/230w 109/126bpm 99/???rpm TSS14 CTL56

 

 

15年振りの能登が楽しみだが、毎年台風の季節でもあることを思い出した。過去出場時、大雨の中を走ったことは何度もあるけど、今の自分ならスタートしないかもなぁ。いやするかなぁ?

 

6/3 Monday | 朝練決行

4時32分起床。2分の二度寝で済んだ、ホッ。

ウェットなままであろう山間部を避け、朝日が当たる木津川CRで流れ橋往復を選択。外練に決定するまでに時間を要したが、土日連続の天候不良に憤懣収まらず、と言うところ。しかしながら出張疲れに土日の追い込み重ねて脚はバキバキ。回転がスムーズにいかず平坦でも辛い辛い。行きは良い良い帰りは辛いで、微風ながら帰りの向かい風が堪えた。そしてZWIFT並みに脚を休められない平坦の苦しみを改めて思い知る。

 

1h31m01s NP179w 155/550w 130/158bpm 83/106rpm TSS88 CTL57

 

往路:43m01s 30.2km/h  復路:47m57s 27.0km/h

 

意外に減速する箇所が多いのと、自宅近辺の登りが効いてアヴェ零時速度は伸びなかった。去年?一昨年?死亡事故のあった近鉄ガード下、改めて通ると危険箇所であることを再認識。下り切ったコーナーが土手による完全ブラインド。減速必至の恐怖だった。

 

修復工事の終わった流れ橋。散歩する人が多かった。

行きも帰りも、山城大橋前後がかなり濃い霧に包まれたが、それ以外は清々しい天候だった。

 

そういえば、コーヒータイムにドーフィネでいきなりスプリントステージを制したNew Madoneを発見。見た目はEMONDAのさらなるエアロ化といった方が近い。元々のMadone が今のEMONDA の原型なわけだから、Madone9からの流れが実験的段階であったと言うことか。平地も山岳も同じバイクで行くのだろう。OCLV900とかになってるんだとしたら、6.8kg規制の範囲でのエアロ化に、何の問題もなかっただろうと想像する。