High on Life

NO BIKE NO LIFE

2月5日日曜 体調悪し

2周連続で週末の出張。特に今週のは移動が多くて疲労が大きかった。新幹線当分乗りたくないな。飛行機は確かに速いが、前後が面倒だ。ことに空港難民の精華町民には辛いところだ。

このところ平日練習できていなくてかなり体力落ちている。Golden Ceetah の示すCTLは30台まで落ちた。4月に入ればすぐ伊吹山なのでそろそろ何とかしないとな。

 

土曜日

かなり疲労が溜まっているところに湯冷め?かな?昨日から風邪気味。なんかしんどいなと思いつつ、体幹トレからZWIFT Yumi RideでMakuri 40を1周。節々が痛くて走るのも辛いが、千切れずに1周して、相当疲れたのでおしまい。筋肉が痛い。お風呂に入ってローヤルゼリー、プロポリス、アリナミンEXPlusにバファリンと、家にあるもん全部飲んで少し昼寝。お昼に37.2度だった体温は36.8度まで下がった。それでも平熱が35度台後半の私としてはヤバい感じ。少し楽になったので、サウナで大量の汗かいたら一気に治るのでは?とゆららの湯で荒療治決行。水風呂と交互に3回に分けて合計35分ほどサウナで汗を流し、帰宅したらかなり楽になった。喉は痛いとまでは言わないけど違和感あるので21時前早々にベッドに横たわる。

Zwift - Pacer Group Ride: Makuri 40 in Makuri Islands with Yumi

65m27s NP180w 177/274w 142/158bpm 88/102rpm TSS64

 

 

日曜日

あまり眠れずすっきりとしないが6時30分起床。朝食後熱を測ると36.5度。あまり下がっていないな。辰口クルクルのニセコ沖縄対策練にエントリーしているが、今日の体調だとまともに走れる気がしない。とりあえずCoco Rideで様子をみるが、調子は悪い。昨日の筋肉痛も残っているし、まだ節々の痛みを感じる。まぁでもダメならダメでダメさ加減を知っておくのも今後のためと、そのままインスブルックに整列。

お久しぶりーのご挨拶をいただきゆるゆるとスタート。メンバーは主催者コナさん、梅田兄貴、最近好調の室田さん、元々強い林さん、遠田さん、吉岡さんに、沖縄210の大逃げでチャリダーに映りまくりの富田さん。こちらが体調良い時でも全員勝てる相手ではない><。グループライドのメッセージには、1周目イーグルへの登りは3倍で、2周目3周目はフリーと。とりあえず1周して体調を見て考えることにして出発。ところが、登りに入って徐々にペースを上げるコナさん。3倍どころではない強度でどんどん先へ行ってしまい、当然皆さん反応して私は一人旅。朝4時から走っていたという富田さんは調子が悪そうで、「今日はあかん」と言いながら私より後方。1周目3倍って書いてあったのに!と叫ぶと、酔ってたし、と帰ってきた(笑)。すかさず室田さんから「ジャロ!」と、ゆるゆる詐欺ならぬ過小広告に対する警告が発せられるも、そしらぬ顔でコナさんは先頭争い。まぁそもそも今日の体調では3倍でもギリギリの私なので、どっち道歯が立たんと諦める。下りに入ったコナさんは、ジャロってなんじゃろーってお決まりのオッサントーク(笑)で応える。

 

Innsbruck KOM 1本目:27m31s 197/326w 155/165bpm 

 

脚に力が入らないので仕方ないが、遅過ぎる。街へ降りてリグループ。Legsnapperもフリーでスプリントだというので頑張ってみる。

 

Legsnapper 1本目:1m13s PR2秒更新 314/402w 162/172bpm

 

これでほぼ今日の全てを出し切って下りへ。ゴールゲートまで流して少し回復したのでもう1周行ってみることに。富田さんが1周で抜け、登りに入って早々に一人旅が始まる。1本目よりは頑張ったつもりだが、やはり体に力が入らない状態には変わりない。

 

Innsbruck KOM 2本目:27m05s 202/300w160/173bpm

 

PRから3分遅れ。せめて26分台を目指したがダメ。かなり開いたが室田さん梅田兄貴たちが待っていてくれて下りの最中に合流。街中で全員リグループしてLegsnapperへ突入。2本目は皆さん様子を見ているのか飛び出さない。しかしすぐに室田さんがロケットダッシュかまし、続いて吉岡さんが飛んでいく。コナさんは3本目のイーグルを意識してか前へ出てこない。私は淡々と300wキープでいこうとするが、全身から力が抜けていく感じで中盤から失速。コナさんに引き離されてゴールする頃には全身痙攣に近い状態になって慌てて水分補給。かなりやばかったので、水分とりながらゆっくり回して回復させて、皆さんにこの周で抜けると宣言。2周目のゴールと共に降りた。時間制限ありの室田さん、梅田兄貴もこの周で降りたようだ。

その後残った強者たちは、3周目完全フリーのミニレースへ。想像しただけでも吐きそうな凄さだ。このコース3周はキツい。体調を戻して、平日の練習も戻して、取り敢えずは伊吹山へ合わせなければならない。やるしかない。

 

 


Zwift - Group Ride: 辰口クルクルニセコ沖縄対策インスブルックライド on 2018 UCI Worlds Short Lap in Innsbruck

 

104m43s NP187W 170/402w 147/174bpm TSS111

 

風呂で長めに暖まって、お昼は出張土産の長崎五島うどんアゴ出汁の塩味が効いて美味い。体が温まった。コーヒー飲んで、BSでたまたまやってた池波正太郎生誕100周年記念特別放送の「まんぞくまんぞく」を観て満足。最近凝り過ぎて食傷気味の大河に比べ、池波作品は観ていて気持ちが良い。原作が素晴らしいから演出で凝る必要もないのだろう。敵討ちを果たした女剣士が大声で泣き崩れるシーンに、思わずグッとこみ上げるものを我慢できなかった。

それにしても、筋肉痛と関節痛のダブルパンチ。喉の違和感は治らず。食欲も味覚もあるのでコロ助ではないと思うが、明日ちょっと心配。

1月29日日曜 気分は芳しくない

実に1週間ぶりにZWIFT。

平日全く時間が取れなかった。

金曜からの出張はあまりよろしくない内容で気分は低調。今日帰りの新幹線で読み始めた『天路の旅人』にお尻を叩かれ、帰宅後マラソン観戦と薪ストーブの焚き付けづくりを終えたあと、ニセコに似ていると評判のコースへ行ってきた。

 

Zwift - 2018 UCI Worlds Short Lap in Innsbruck

71m05s NP204w 191/419w 151/178bpm TSS90

Innsbruck KOM 24m52s 228/387w 164/177bpm 82/104rpm

 

短調なのであまり好きではないのだが、ニセコの準備を兼ねて登る。直登箇所が多いイメージでついついアウターでいこうとするが、実は平均勾配5.4%で結構キツい。ケイデンスが落ちて上半身がブレブレになってきたので、途中からフロントインナーでケイデンス保持に努める。すると一定強度でコツコツいけるようになって、前半の遅れを取り戻しPRから30数秒遅れの2番タイム。久し振りだしまずまずだな。その後1周してライブでトップだったようでオレンジ色のジャージをいただいた。こういうのも久しぶりでちょっと楽しかった。

Legsnapperは勾配なりに対応していく程度に上げてAve313w。2回目のKOMに行く気はしなかったのでInnsbruckringに逃げて2周して終了。全体でNP204wでいい感じで追い込めた。

 

出張行きの新幹線でニセコ行きの飛行機と宿は抑えた。レースエントリーはまだだが、もう後には引けない。練習はきちんとするとして、問題はバイク搬送。エアロコンフォートは数年前に売っぱらったし、改めてあんな高いもん買う気もしない。軽装での楽な移動を優先して、西濃カンガルー便利用+小さくて安いレンタカーになりそうだ。

それにしても出張のメインのお仕事はつまらなかった。図らずともああいう低レベルなやり方を容認することで、自分自身もその結果には加担する形となってしまった。責任も感じるが、しかし酷いもんだった。

『天路の旅人』読みながら気を取り直して練習していこう。

1月22日日曜 忘備録

明日からラストスパート。何が?仕事。あと1週間で一つの大業を一旦締め上げる。もうどうにでもなれという心境じゃ。

その後、2月は大変忙しい。3月も?多分大変忙しい。4月?5月?知らんわもう。自転車乗る暇あんのかな。

 

さて今日は9時起床。また飲み過ぎ。夜中トイレに起きた時にオーバードライブ飲んで二日酔いにならないようにだけはしておいたが、気持ちが怠いし胃も脚も怠い。

体幹トレなしでいきなりZWIFT。脚回るかな?

Titans Grove KOM 途中でコースイン。しんどい。平地で脚鳴らししてHilly KOM Forward  に続いてVolcano KOM。今日は上げずに行く。ケイデンス80台キープで登る癖をつけるため踏み込まないように気を付ける。実走の登りでも、ケイデンス75を下回ると上半身を使うようになって体力消耗が早まる。出力も速度もキープできず自分でジリ貧状態に入っていく。最低80、理想は85から90くらいで登り続けられれば出力、速度ともキープし易くなるはずだ。今年のテーマはそれだ。

60分経過して、Titans Grove Reverseで今日初めて300wまで上げたらPR更新していた。そんなに上げたことないので大したタイムでも出力でもなかったが。ここは2分ちょっとなので次回はアヴェ礼司300wを狙って上げてみよう。

Zwift - Pace Partner Ride: Big Foot Hills in Watopia with Yumi

72m36s NP189w 182/354w 142/170bpm 88/102rpm TSS78

 

昨日のチャリダーは良かった。勝った時よりも負けた時の方が構成が感動的になる。140kmの時も、優勝した年より3位になった年の方が作りが面白かったし、今年のもとても良かった。ちょっとウルッと来てしまった。やっぱりおきなわはいい。絶対リヴェンジするのだ。問題は秋学期の非常勤講師日程。100%最終講義日がおきなわ入りに当たるんだよな。土曜入りは何としても避けたい。昨年は鈴鹿入りが遅くなってしんどかった。どうにかする方法を今から考えないと。

 

1月21日土曜 忘備録

昨日は飲み過ぎて『深夜特急ヨーロッパ編』の途中で寝込んでしまって記憶無し。朝起きたらパジャマに着替えず寝ていた。初出から仕事の調子が悪いのが酒量を増やしている。Ascenders 100kmにエントリーしていたが、起床は7時半。二日酔いというほどのこともないので、まったりしてから体幹トレ後ZWIFT開始。

 

Zwift - Pace Partner Ride: Big Foot Hills in Watopia with Yumi

72m20s NP192w 183/373w 143/180bpm 87/108rpm TSS80

Hilly KOM Forward :2m37s 272/373w 163/179bpm 82/89rpm

 

今日は脚が重く割とキツかった。登りが入る方のYumi Ride は相変わらず人数少ない。今日は10人前後。ちょっとの油断で集団から離れ、スリップストリーム効かなくなるのでしんどい。いくつか短い登りを経てVolcano KOMへ向かうが、時間切れでVolcano手前のダート区間で終了。基本的に上り区間はかけ過ぎず淡々といく。60分過ぎてHilly KOMへ入り、最初はゆっくり登っていたが途中から火がついて、久し振りに上げてみた。PRからは21秒遅れだが、後半だけ頑張って阿ヴェレ維持272w出たのでまずまずだな。

 

岡山エンデューロの日どりが決まったようだ。岡山は相性が良いので出たいのは出たいのだが、その前の伊吹山のマスターズにエントリーするつもりで、4月に遠征2回はちょっとしんどいか。2022年のリザルト見ると、マスターズは出走7名でうち3人が自分の力くらいの人だったみたい。2016年おきなわ向けにやったのを思い出して、登り強化年間にしようかなと考えている。

 

沢木耕太郎の『天路の旅人』届いたので早く読みたいのだけど、その前にまだ2冊待機中のがある。早く読んでしまおう。

天路の旅人 | 沢木 耕太郎 |本 | 通販 | Amazon

1月18日水曜忘備録

在宅勤務。久し振りに朝練。ちょっとまずいなと思い始めたので。

 

体重は68から69kg辺りまで戻ってしまっていて、ズボンのベルトがキツくなってきた。春のシーズンインに間に合わなくなるのでそろそろちゃんとしないと。

 

朝練かつ登りがちルートでのYumi Ride は初めてだが、このくらいの登りなら大丈夫。Volcano KOMも久し振りだったが、ケイデンス落とさず心拍上げず、淡々と登ってYumiさんはかなり後方。時間がもっと取れれば、Yumiさんに合わせて登って距離耐性を積むこともできそうだ。Epic KOMクラスの登りになるとどうなるのか試してみたいが、そういうルート設定は無いよね。

 

酒量復活 → 早起きできない、できても怠くて練習する気が起きない → 肥る、弱くなる → 練習会行きたくなくなる><

この無限ループから抜けださないと、EMONDA SLR が泣いている。

 

Zwift - Pace Partner Ride: Big Foot Hills in Watopia with Yumi

50m57s NP184w 175/466w 137/170bpm 86/101rpm TSS52

Volcano KOM : 9m02s 223/382w 154/169bpm 85rpm/ave

 

 

1月15日日曜 割と憂鬱

結局年初の頑張り実らず、とても気分の悪い週末。そして土曜は1日雨、日曜も空気の重たい曇り空にやがて雨。鬱陶しいなぁ。

焼け酒は木曜日に済ませたので、金曜日の酒量はさほどでもなく、土曜日はAscenders 100km Rideに間に合うよう起きれた。日曜は雨が降らない予報ではあったが、空気の重さとウェットな路面を嫌って、またもAscenders Ride に参加。

土曜日はリーダーシップが非常によく効いて、終始統率の取れた集団走行で楽だった。リーダー本人が集団前方に居ることが多いせいで周りが落ち着いていることに加え、指示が具体的で守るべきことがしっかり伝えられていたことがよかったのだと思う。あとWatch Out !が良かった。出るな!とか戻れ!ではなく、フェンスを追い越さないよう気を付けてね!っていう気の使い方が素晴らしいと思った。私なら、また出たかお前ら!になってしまう><。仕事と一緒だなぁと感心しながら、自分のダメさ加減を思い起こしながらの100キロだった。

 

日曜日は脚の重さを引き摺って辛い78キロになった。土曜楽だったとは言え、ラスト5キロでフェンスが消えた後のミニレースで相当脚を使ったし、楽だと感じているだけで100キロ回し続けたのは確かなので、その疲れは大きかった。加えて通信障害か?途中乱れてペースのアップダウンが結構あったのが辛かった。なので、ラスト3キロのミニレースはそこそこ上げて維持して淡々とゴールしようと決めていた。駄菓子菓子、ミニレースの始まりが緩い上り坂の続くパートだったためかあまりペースが上がらず、んーん、それならばと取り敢えずスプリント直前までは付いていこうと切り替え回し続けた。最後の最後まで「踏み倒しペダリング」にならないよう気を付けてゴール。

 

土曜日

Zwift - Group Ride: Ascenders Team Singapore Zwift Ride (C) on R.G.V. in France

2h37m18s NP167w 158/465w 138/187bpm TSS133

Mini Race 5km :254/465w 180/187bpm

 

日曜日

Zwift - Group Ride: Ascenders Team [AsC 3.0] Ride (C) on Watopia's Waistband in Watopia

2h06m22s NP169w 161/438w 136/180bpm TSS109

Mini Race 3km :240/438w 167/180bpm

 

踏み倒さないで280w/5分くらいまでいきたいな。

 

夕方ビール飲みながら、深夜特急西へユーラシア編。覚えてはいたけど、最後の最後に冷や水をかけられて現実を突き付けられた。

 

年老いて旅するは賢明ではない

 

じゃぁどうすれば...............?

1月10日月曜 日曜と今日の忘備録

精神的に疲れている時に、やばいやつを見返してしまった。

NHK沢木耕太郎が喋っていた。歳を重ねて一層ダンディーになった氏はとてもカッコ良かった。酒が入っていたので、思わずAPPLE TVに手が伸びた。そう『深夜特急』。先ずは「疾風アジア編」。ヤバイです。何歳になってもこれはヤバイです。すべてを投げ出して旅立ちたくなるのです。言葉わからなくても、そんなに金が無くても、今くらいの洞察力と体力があれば、きっと行けるはず・・・・。甘いか。

 

あーあ、土日月と仕事して、今日も在宅で執筆と打ち合わせに集中して、夕方から酒飲んで精神を緩めたとところへの深夜特急攻撃には参った。

 

旅立ちたい。

 

 

土曜は1日中仕事。日曜はAscenders Rideのち仕事。月曜は朝60分Yumi Rideのち10時間仕事。そして今日午前中ラストスパートの後、メンバーで読み合わせして仕事を引き継いだ、つもり・・・。明日どうなっていることやら。

 

 

日曜120分のライドで脚がCocoさん仕様になっていて、月曜Yumi Rideは苦労した。Surf N Turfとかいう意味不明のコースはURUKAZIでしつこくアップダウンを繰り返す。終始苦しくいつでも辞めてやれ!って思いながらやっていたので、60分経過とともに綺麗さっぱり脚を緩めて、2分ほど流して終了。ほんまきついわ。

なんだかんだ言いながらも、ある意味で仕事は順調ともいえ、外部からの引き合いも今年はいくつかいただいている。新しい世界に脚を踏み入れていることがとても楽しみだし、刺激を受けることができる立場にいれることを感謝するばかり。仕事は私だけでやってきたわけではない。経験を後輩たちに還元せねば。

 

と言いつつ、今年の狙いは、ニセコ鈴鹿、おきなわ、そしてジムニー