High on Life

NO BIKE NO LIFE

9月25日土曜晴れくるくるバター練

2週間ぶりにハーフペース走やったろうと早起き。4時40分起床でいつもの軽朝食にバナナ1本追加、スーパーヴァームと水戸ロングも注入。軽筋トレも復活して、体幹を暖めてからスタート。公園周回52周のくるくるバター練の始まり。

2週間前が5分18秒/kmだったから今日は5分10秒/km辺りを目指すつもり。入りの1キロ上げたわけでもないが5分10秒で入ったので、ひょっとすると5分ジャスト辺りでも押していけるかもと推測。2キロが5分00秒だったのでそのまま行くことにした。が、その後4分台が続き、たまに考え事して5分00秒に落としたりしながらも、ほぼ全部4分台で押し切った。ラスト1キロは4分44秒まで上げてゴール。さすがに最後上げた時は辛かったが、そのままペースを保っていればめちゃくちゃキツイって程でもなかった。まさにペース走。公道を出て行ってストレスに体力に奪われるよりも、安定して走れるのでこちらの方が実は走力向上には効きそうな気もする。後半辛くなるほど足をそっと前に置くように気を付け、カーボンプレートの推進力を引き出すよう注意して走った。

 

f:id:cerveler_y2:20210925101923p:plain

見事なペースじゃ

21.30km 4m56s/km GAP 4m44s/km 150/165bpm 183/249spm/1.11m

 

ピッチのMAXが異常値のように見えるな。心拍はラストでペースアップするまでは、ずっと150bpm前後で安定していたようだ。

今日のペースはフル換算でちょうどサブ3.5。3年半前の3h27m15sの時より今は6キロ重い。なのにジリジリと6キロ軽い自分のタイムに近づいてきた。バッチリアップした後のレースでもないのに今日のペースで走れた理由は一体何?水戸ロングか?もう痩せる理由がなくなってきた困ったマジで。でも痩せないと。

今日は長いのでさすがに疲れを嫌ってタイツ無しというわけにもいかず、せめてメッシュ付きの方でということで柔らかめのSKINS3/4タイツで走った。2XUより臀部のブレを感じるが、柔らかい分前に蹴り出す動きは良いようだ。

9月23日木曜晴れ 汗問題

今日はタイツなしで走ってみた。adizeroのランパンは割と目の詰まったメッシュインナー付いていて、タイツ履いて走る前提の商品ではないだろうな。にも関わらず買ってから5年間というもの、ずっとタイツと二重履きしてきた。2XUのタイツは小俣にメッシュが無い。SKINSはメッシュがあるけどサポート力がちとだけ弱い。夏場もずっと履いていたし、タイツと汗とお股の問題が深刻化してきた。皮膚科でもらった薬を毎日塗るが、毎日のようにタイツを履いて走るのでステロイドの効果もきっと追い付かない。問題だ><。

この問題はそもそもコロナ在宅に端を発するものだ。昨年KICKR CORE & CLIMBを導入してしばらくして出始めた症状。暑い最中、シューズがビショビショ、床が海になるほどの大量の汗をかいてヴァーチャル集団暴走行為を楽しんでいる間に病状は粛々と進行していたということだ。私の脚力も上がったが、病魔の力も知らない間に上がっていた。

今日走った感じはどうだったかというと、感覚的には案外大丈夫。股関節の動きはかえって楽になるようだが、腰と臀部についた余計なお肉が影響して若干走りがブレる感じ。今日はペースをあげなかったけど、それはあげようと思えばあげれそうに思った。が、多分サポートが無い分疲れが速いのかな?という予測も。

しばらくタイツ無しで走ってみよう。

 

7.39km 5m17s/km GAP 5m08s/km 141/163bpm 173/178spm/1.09m

 

今日は観察しながら心拍も上げずにゆったり帰ってきた。

今月113km。7、8月と150km到達したので今月も何とかそこまでは。ここひと月ほど一番手を焼いていた仕事が今週で落ち着くので、来週から距離を増やして行こう。

 

引き続き午前は仕事して、午後MADONEのサドルを交換。AEOLUS PRO White ようやく手に入ったので。軽快な感じになったかしらん。

f:id:cerveler_y2:20210923140958j:plain

 

早速Black売りに出そ。

9月20日月曜晴れ ペース走以上TT以下

7時半起床。土日フルタイム働いたお陰で3連休予定の仕事は大方落ち着き、ホッとした所で昨晩また飲み過ぎ。昨日は白ワイン。二日酔いもなく起きようと思えば起きれたが、最近寝溜めしていなかったのでゆっくりすることに。

今日は10キロTTもどきの予定なので、いつもの軽朝食の前にスーパーヴァームを飲む。さらにロールパンひとつプラスして最後に水戸ロング3錠。ウォーキングウォームアップをいつもの倍やって、最初から4分台で行くつもりでスタート。脚の疲れを感じるが一度やると決めてスタートした以上最後までやり切るつもりで構わず上げて行く。

1キロ/4分52秒で入り、呼吸が苦しい。構わん、落ちたら落ちたなりに10キロ走り切るだけのこと。2キロ/4分45秒と続き、ますます疲労感高まる。やはり疲れが溜まっている。3キロ/4分48秒、苦しい。体が慣れて放心状態になるにはもう少し距離が必要か。4キロ/4分52秒と少し落とした。これは意識したかもしれない。なかなか楽にならない。

5キロ手前、自警団のボスであろうか?adidasを履いたおじさんに声を掛けられた。後ろから抜きかけると、わざとらしく遊歩道を大きく外れ、”これしてこれっ!”って言いながらマスクを振っている。なるほどなるほど、正しいことを言っているので、”すみませーん!”と返してそのまま公道へ出ることにした。もう1周して抜きかける際にまた言われたら、帽子を口に当てながらおじさんに説教をしている自分が150%の確率で予想できたので、いざこざを起こさないようそそくさと逃げることにした。こういう田舎の公園では双方の考え方は正しい。どちらも事実認識の仕方の違いで自分を正しいと思っているから、議論しても仕方ない。少なくとももっと朝早くから歩いたり走っている人に関してはそういうことはない。皆さん元気に挨拶してくださる。公道に出なくても遅い時間帯になればストレスは増える。色んな人が外へ出てくるということ。

公園の出際に5キロで4分44秒。公道へ出ればアップダウンの連続になるし、歩道の段差や舗装の凸凹もあってペースががくんと落ちた。6キロから9キロまで5分台を叩き、ラスト1キロ遅れを取り戻そうとストライドを伸ばしてタイムを上げる。10キロ/4分28秒。力むより大きく走ることを心掛けると自然と速度が上がるしペースが長続きして結果的にトータルで速く走れる。

 

f:id:cerveler_y2:20210920104750p:plain

 

10.01km 4m55s/km GAP4m46s/km 158/167bpm 184/189spm/1.11m

 

これで10キロまでアヴェ嶺二4分台へ戻してきた。次はハーフだな。ハーフで5分切るには確実に体重が関係してくる。しかし3年半前、今日と同じペースでフルを走ったんだなぁと感慨にふける。それだけ体重の比重が大きいスポーツだということ。

龍馬マラソンまでに必ず戻すぞ。

9月19日日曜好天

昨日1週間ぶりに飲み過ぎ。夕方家内と暑い中1時間半歩いたのが効いて、ロング缶1本に赤ワイン1本飲んでしまった。飲みながら反省していて、のんだ後に梅肉エキスを飲み、寝る前に沢山水も飲んだ。幸い二日酔いは無くちょっと気怠い感じで起き難かったが、6時半には起きていつもの軽朝食と軽量化を済ませてランへ。走らずに仕事開始しようかとも一瞬思ったが、走った方が頭がスッキリするだろう。

今日は公園周回で1キロ/5分17秒で回った後公道へ出る。日曜の7時台なら交通ストレスは少ない。アップダウンをこなす公道練は、公園周回に比べて下半身と心肺機能にストレスがかかる。昨日から意識しているのが、長めの登り直後の緩和勾配をどう走るか。一番疲れているところから次の平坦もしくは下りへのつなぎ区間はとても大事。心肺機能にも脚にも高負荷がかかった状態で、全身の力を抜き、できるだけ静かに遠くへ着地する、つまり最も疲れている時にカーボンプレートの恩恵を最大限に得ようという試み。ストライドを伸ばしつつ心拍数を整えながら、次の下りもしくは平坦へ入れれば、その後のスプリットが上がる、はず。今日はその辺まずまずこなせて、アップダウンを含む公道練で今季初のアヴェ礼司5分切りが出来た。

f:id:cerveler_y2:20210919085920p:plain

 

8.02km 4m59s/km GAP4m50s/km 139/159bpm 182/191/spm/1.10m

 

心拍数が低過ぎる。5キロ挟んでの登り区間で上げたので確実に170を超えていた実感。腕時計型の心拍計は信頼がおけない。ちゃんと拾わないことはよくある。

昨日の飲み過ぎの反省から今日は頑張った。今日も水戸ロング様様。

 

さぁ仕事しよ!

 

9月18日土曜日雨仕事

この三連休は仕事で全部潰れる予定。昨晩高知龍馬マラソンポチッとやって、デブの退路を断っから、仕事前に朝ランだけは欠かさずやっておこう。

昨晩から台風到来直前の雨。今朝は霧雨だったのでスタート。先週公園周回ばかりだったので、久しぶり公道へ出る。6時台だとまだ公道ストレスは少ない。この辺りどう走ってもアップダウンの連続になるので、公園周回のようにペースを刻んでいく走りでは出来ない。アップダウンに合わせて走り方を練習する感じ。基礎練習と応用実戦練習の関係。

精華町、登美ヶ丘辺りは毎回台風が来ても大した害は無い。今朝の様子だと今回も、ん?っていう感じで過ぎ去るのではないかな。

 

6.03km 5m09s/km GAP5m02s/km 146/170bpm 177/186spm/1.09m

 

登りが入る分ストライドも狭め。高知龍馬マラソンも後半にえげつない登りが入るようだが、それはむしろ歓迎だ。ゴボウ抜きしたるぞ。

9月16日木曜晴れ GPS不審

午前中在宅勤務の甘えで二度寝、というか二度ゴロゴロ。

5時20分起床。軽朝食後このところ定番となりつつあるウォーキング&柔軟体操。部屋で筋トレやると汗かいて着替えが非常に面倒だし、洗濯物も増えるし・・・。これに慣れてしまうともう部屋トレできない。外でまとめてやるのが圧倒的に楽。週末に筋トレを多めにまとめてやることにしようか。

少し疲れが出てきて今日は入りの1キロからゼーゼーしたが、フォームとペースはできるだけ守る。しかし後半上体が揺れ出して、その揺れを利用する一番ダメなタイプのペースアップ走法になってしまった。こういう時はどうすればいいのかな?乱れたフォームでペースを保つのと、フォームが乱れるくらいならペースを落とすのと。長い目で見ると後者が正解のような気がするが。怪我や無駄な疲労にも繋がりそうだし。

今日もGARMIN Foreathlete 235JのGPSが不審な数字を表示。

火水木で、こんな↓感じ。

 

火曜日:5.43km 26m05s 4m43s/km

水曜日:5.29km 26m06s 4m56s/km

木曜日:5.35km 26m05s 4m53s/km 

 

スタート&ゴール地点は揃えたし、走った時間は見事に揃った。これまでの経験からすると水曜の距離が一番正解に近い。全く同じペースで走れているのは別の次元で嬉しいが、距離がたった5キロでこんなに違ったらコストパフォーマンス悪過ぎ、というかもう寿命なのか?買ってから5年弱という時間はこういうガジェットの寿命としてどう評価するかね?

WAHOO RIVAL かね?でも泳がんしなぁ俺。買ったら泳ぐかな?泳がんな><

9月15日水曜日雨から曇り

f:id:cerveler_y2:20210915065202p:plain今日も寝不足。昨日とは違って寝付きが悪かった上に、明け方夢を見る浅い眠りのパターン。昨日のアルコールを缶ビールのみとしたことによる寝付きの遅さは、いつか自然解消が可能なことと思うが、時間は掛かるだろう。浅い眠りだが飲み過ぎの朝のような前頭葉の重さは無い。体を動かして汗流して解消できる部類。

軽朝食の後歯磨きと軽量化を済ませて、筋トレ無しで外へ出る。既に霧雨で走り易い。一周歩きながら高校の陸上部でやってたアップを思い出しながら柔軟体操を入れる。2周目からスタート。昨日同様走り易い感じなので、腕を下げ気味で飛ばないように、着地を少しでも前へという意識でひたひた走る。

ペースを強いて変化させないよう、体が温まるに任せて自然体で上げていく。今日はGARMINGPS大丈夫だ。1キロずつ綺麗に上がって、結果昨日距離補正したタイムとドンピシャで終了。


5.29km 4m56s/km GAP4m44s/km 150/164bpm 176/182spm/1.15m


ストライド伸びてきた。

今日から減量開始だ。